KLZD

"The book kindled my interest."

MENU

春に読みたいKADOKAWA文芸フェアより映画『空海』原作や『怖い絵』『夜は短し歩けよ乙女』『あゝ、荒野』などおすすめ23タイトル

f:id:rsko:20180223191635j:plain

【はじめに】

こんにちは、Kindlizedです。

本エントリーは、開催中の【最大30%OFF】 『空海-KU-KAI-』映画公開記念 春に読みたいKADOKAWA文芸フェア(3月8日まで) を取り上げます。

 

注目タイトルはフェアのタイトルにもなっている夢枕 獏さんの『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』。

明日24日より公開なんですね。 

ku-kai-movie.jp

wikiによれば、

留学のため唐に渡った若き日の空海が、詩人・白楽天とともに唐の都長安を揺るがす巨大な謎に迫る姿を描いた歴史スペクタクル大作。
夢枕獏の小説『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』をチェン・カイコー監督が映画化。
第30回東京国際映画祭にて、東京国際映画祭第30回記念のオープニングスペシャル作品として上映された。

制作費も9.7億人民元≒150億円といいますから、超大作です。

邦画の制作費の平均が3億円を超えるくらいと言われてますからね。

ちなみにハリウッドで「大作」と呼ばれるのが200億円越えレベルです。

制作費かければいいかというと、全くそうでは無いんですが、やはり規模の大きい映画を、映画館で観たいって願望はあるので、期待してます。

お金をかけて映画化して、原作とどうだったかも語りたいところ。

さてフェアに話を戻すと、角川さんの著名タイトルがほとんどフェア対象となっています。

下に名前の挙がっている著者の他のタイトルもセール対象となっていると考えていい感じですので、ぜひこのフェアで欲しかった1冊を探していただきたいです。

では当ブログの選んだおすすえタイトルをどうぞ!

 

フェア対象タイトル

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一:夢枕 獏

幻夏:太田 愛 

怖い絵:中野 京子 

夜は短し歩けよ乙女:森見 登美彦 

グラスホッパー:伊坂 幸太郎 

嘘つきアーニャの真っ赤な真実米原 万里 

万能鑑定士Qの事件簿 I:松岡 圭祐 

この世でいちばん大事な「カネ」の話:西原 理恵子

さいはての彼女:原田 マハ 

美丘:石田 衣良 

百年法:山田 宗樹 

ドミノ:恩田 陸 

レッドデータガール:荻原 規子 

ジョーカー・ゲーム:柳 広司 

パンク侍、斬られて候:町田 康 

失はれる物語:乙一 

天地明察冲方 丁 

ダ・ヴィンチ・コード: ダン・ブラウン

あゝ、荒野:寺山 修司 

本日は大安なり:辻村 深月 

ロマンス小説の七日間:三浦 しをん 

青の炎:貴志 祐介 

夏美のホタル:森沢 明夫 

【あとがき】

最後までお読みいただきありがとうございました。

当ブログの内容が「よかった!」という方は是非読者登録をお願いいたします。

また、当ブログへ改善点やご意見等あります方は、コメント欄からご指摘いただければと思います。